半年だけ休学留学に行くメリット

半年だけ休学留学に行くメリット

半年だけ休学留学に行くメリット 半年だけ休学留学に行くことには一体どんなメリットがあるのだろう、と考えている方もいるかもしれません。
日本で在籍している学校を一定期間休学し、その期間海外の学校で学ぶという留学方法を休学留学と呼んでおり、この方法で留学する人も決して少なくはないと言われています。もちろんあまりの短期間の留学では、せっかく現地に赴いたとしても十分な語学力は身につかず、どちらかというと中途半端な留学で終わってしまうことでしょう。しかし六か月間以上の滞在であれば、現地の生活にも慣れ、必要な語学力も身につくというメリットがあるのです。しかも、半年間休学するだけで、依然として日本の大学に在籍しているため、これまで積み重ねてきたキャリアにとってブランクとなる心配がありません。加えて、休学留学の場合、卒業は遅れるものの、新卒という肩書で就職活動を行うことが可能になるため、卒業後の就職活動には有利になるというメリットもあります。

半年間、休学留学をして学べること(実体験)

半年間、休学留学をして学べること(実体験) 社会がグローバル化していく中で、「海外へ留学してみたい」と思う学生は多いでしょう。けれど、成績や英語のスコアがなくて交換留学は受かりそうにない、1年間も留学するのは不安。今回は半年間の休学留学で学べることについてお話しします。

・ボランティア活動、インターン
多くの国にNGOやNPOはあります。そして、その多くが日々、インターンを募集しています。
日本人の団体も複数あり、言語が心配な人も安心して参加することが可能です。
地元の人たちとも繋がることが出来、現地にいる日本人スタッフからキャリアの話も聞けるボランティア活動やインターンはとても多くのことを学べるでしょう。

・ドミトリーを利用する
留学で一番オーソドックスな宿泊方法はホームステイです。ですが、安い若者向けのドミトリーを利用する手もあります。実際にネットで調べると、バックパッカー御用達、男女別など自分が望む条件で探すことが出来ます。
実際に利用すると、日本人というだけで多くの人たちは興味を持ってくれます。仲よくなれば、皆でお出掛けしたり、ご飯を作ったりできます。色んな国の方がいるので、一気にたくさんの国に友達ができるのはドミトリーならではの利点でしょう。また、ドミトリーによってはスタッフとしてお手伝いをすると宿代を安くしてくれるところもあるので、経済的にもおすすめです。

半年間の休学留学でも自分次第で多くのことを学ぶことが出来るでしょう。

新着情報

◎2021/1/28

半年だけ休学留学に行くメリット
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

休学留学に行くタイミング
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 半年」
に関連するツイート
Twitter